インプラント

フラップレス術のインプラント治療の特徴

インプラント治療は通常、メスによって歯肉を切除してインプラントを埋め込むという手術が行われますが、麻酔が効いていると言っても手術中には多少の痛みが伴いますし、術後も腫れや痛み、出血などが現れてしまいます。しかし、数ある手術方法の中には「切らないインプラント治療」と呼ばれるフラップレス術というものがあります。
これは手術をする前にCT撮影と最新のコンピューターシミュレーション技術を駆使することによって、インプラントを正確な位置に挿入するためのマウスピースのようなものを事前に作成しておく治療方法です。メスを身体に入れることがないので、術中や術後の痛みや晴れ、出血等を最小限に抑えることができ、手術時間や通院の回数等も少なくなるといったメリットがあります。
ただし、誰でもこのフラップレス術による手術が可能だというわけではなく、インプラントを挿入する箇所の周辺に十分な歯肉があることや、深刻な全身疾患などがないといった健康面での条件をクリアしていなければいけません。更にこの治療方法は特殊であるため経験と実績が豊富な歯科医と、十分な設備を整えたクリニックでしか行うことができませんので、入念な医師選びが必要になってくるということも知っておいた方が良いでしょう。

Copyright © 2017 武蔵野市でインプラント施術の安全性の理解を高めよう! All Rights Reserved.