インプラント

インプラントとブリッジの比較

もしも虫歯や事故の損傷で歯が無い状態から治療するとなった場合の治療方法、インプラントとブリッジの二つの違いをあげてみます。まず、ブリッジとは対象とする歯の左右の歯を橋渡しにして銀歯やセラミックなどを取り付ける方法です。治療期間の長さや保険適応外であることは両者ともほぼ変わらない条件で共通します。ただし銀歯を用いる場合は保険が適応されます。
セラミックを基準にした場合には、審美性は両者ともに一律であるといえます。ブリッジは治療対象以外の歯にも助手的な役割を求める治療方法ですので、双方の歯にかかる負担が危惧されます。例えば、歯の抜けた顎がすり減ったり、治療を対象とする歯の双方を削ることになったりという負担です。
一方、インプラントは抜歯された歯その部分に手術を行うので周囲の歯を巻き込まなくても済むのです。審美性や費用という条件は一長一短です。インプラントで抜歯後の歯に治療するか、周囲の歯にも治療を行うかの違いです。ブリッジは固定されれば安定して食事が食べられますが、その分周囲の歯にものが挟まる可能性もあります。インプラントでは体内に対象部分にだけ器具を埋め込む治療方法であるためにその心配がありません。

Copyright © 2017 武蔵野市でインプラント施術の安全性の理解を高めよう! All Rights Reserved.