インプラント

歯のロス期間が長くてもインプラント可能か

歯が抜ける事情は人それぞれです。虫歯が悪化して自然と歯が抜けるという人もいます。また事故に遭って歯が抜けたという人もいるでしょう。歯が抜けてしまってすぐに歯科で治療をする人もいますが、歯のないままでその後過ごす人もいます。しかしもしもその歯のない期間が長くなった後に、自分の歯を取り戻したいと思ったら?今はインプラントという方法があるので、それで自分の歯を取り戻すこともできます。しかし誰でもそのようなことが可能なのでしょうか?
よくご飯を食べられなくなったり、入れ歯をつけずにいると歯茎が痩せてきたりしてくると言います。その部分を使用していないと、歯茎は痩せることはもちろん、残された歯があると、自然と動いてしまうために、歯と歯のスペースが狭くなって歯を入れるスペースがなくなることもあるのです。
その場合は、インプラントを入れるために左右の歯を削ったりして場所を確保することがあるのですね。歯の中には神経が通っていますから、多く削る場合は神経のことも考慮しなくてはいけません。歯のない期間が長くなればなるほど、インプラントを入れるときに注意しなければいけないことが増えてきます。そのため、出来れば歯のない期間を最小限にして、インプラントを入れる方法を選択すると良いのです。

Copyright © 2017 武蔵野市でインプラント施術の安全性の理解を高めよう! All Rights Reserved.